消費者金融の審査に通らないこともあるのか?

銀行に比べ比較的審査に通りやすいとされている消費者金融ですが、もちろん誰もが通るというわけではありません。
もちろん、消費者金融各社、審査基準は違いますが、審査に通らないどんな理由が考えられるか取り上げましょう。

 

消費者金融の審査に通らない理由に挙げることができるのは、「個人信用情報」でブラックとなっていることが考えられます

 

新規の借入れの申し込みを受けた消費者金融は審査の際、「信用情報機関」の登録情報を閲覧します。
そして、申し込み者に事故情報(延滞、債務整理、自己破綻など)の登録がある場合は通常、貸付けを行なわないということになります。

 

ブラックの人は返金するだけの経済能力がないと判断されるからです。

 

ブラックになっていないとしても審査に通らないことはあります。
消費者金融は信用情報で事故情報意外にチェックする点があります。

 

例えば、申し込み者に他社からの借入れ状況が有るか無いか、有るとすればどれくらいの借入れがあるかです。
貸金業法には、貸金業者すべてからの借入れ総額が年収の3分の1の以内となっています。

 

もし、すでに他社からの借入れ総額が年収の3分の1以上であれば、審査に通ることはありません

 

その他に審査に通るかどうかの大きなカギとなるのは、収入です。
大手消費者金融の各公式ウェイブサイトに記されている貸付け条件には「安定した収入」と記載されています。

 

安定した収入がカギとなるので、同じ職場に長く勤めていればいるほど信用できる人となり審査に通る可能性が高くなります。
その逆に、もし安定した職についておらず、収入が少ないとなれば、信用が低くなってしまいます

 

信用が低ければ審査に通るのも厳しくなってきます。

 

消費者金融会社それぞれ審査基準は異なりますから、その他にも審査に通らない要素はあるかもしれません。
審査に通る為に大切なのは、信用です。

 

お金を融資する側は、お金を貸したとしても必ず返してくれるという誠実な人にお金を貸すということなのです。